脳が退化する前に転職!気が狂うほど暇なコールセンター勤務の女性の話

ヒマなお仕事って好きですか?

私自身、これまでに散々ヒマで楽すぎる現場で仕事してきましたが、やることがなく時間が絶たないので苦手でしたね。

どちからというと、やりがいがあって、あっという間に時間が経つ。私は、そんな仕事が向いているのかもしれません。

ここにも暇すぎるお仕事に耐えられなくなった女性がひとり。

顧客の声をExcelに記入するだけの単純な仕事に嫌気

こんにちは!WEBサイト制作会社のデザイナーとして正社員で働いている29歳のMIOと申します。

夫と生まれたばかりの娘との3人暮らしです。

現在は育児休暇を取得しており、初めてで慣れない育児に奮闘しております!

私は25歳の時に現在のデザイナー事務所に転職。

それまでは、23歳新卒で入社した会社でヘルプデスクの業務をしており、主にパソコンソフトの不具合内容を、開発元へ申し送りする仕事をしていました。

前職は上場企業で福利厚生も充実してまさしく安定企業。

そんな恵まれた環境なのになんで転職をしたの?と疑問に思われる方も多いでしょう。

私が、転職を決意した動機はとにかく仕事が単調で、すごくつまらなかったからなんですよね。

ヘルプデスクの業務と聞くと、お客様がソフトの使い方が分からない時に、丁寧に使用方法をお伝えして、問題解決に導くイメージがありますよね?

でも、私が担当していた業務は、お客様から上がってきたソフトの不具合をエクセルに記入し、開発元へ送るだけの単調すぎる仕事です。

右から来た不具合内容を左に受け流すそんな仕事内容に、私は気が狂ってしまいそうでしたね。

毎日毎日のこの作業に、脳みそがどんどん死んでいく、そんな焦りを覚えた私はすぐに転職を決意。

転職を決意し、次どんな仕事に就くんだろうか?

私の頭の中に浮かんだのは子供のころから大好きだった、ホームページを作るお仕事。大好きなことを仕事にしたい!そう思った私はすぐにWEBデザイナーになろうと決意しました。

早速目指すべき道を決めた私は、転職のための手段を徹底的に調べ、WEBデザイナーになる方法にたどり着きました。

その方法はヒューマンアカデミーって専門学校でWEB制作方法を学び転職する方法でした。

私は、早速ヒューマンアカデミーに入学。

WEB制作のノウハウを約1年間学んだ後、晴れて学校求人を通して、現在のWEB制作会社のデザイナーとしての道を進むこととなりました。

未経験のWEBデザイナーになるため専門学校に編入

私は、以前から趣味でWEBデザインをちょくちょくしていましたが、本格的なデザインの勉強は初めてです。

完全未経験のWEBデザイナーに自分が本当になれるのかって、不安は転職先が決まるまでは常にありました。

またヒューマンアカデミーに45万円もの大金を先払い。

一括で支払ったのですが、もし45万円も払って入学したのに、結局デザイナーになれずお金が無駄になったらどうしようと不安で夜も眠れない私。

しかし、デザイナーへ転職出来るかどうかの不安より、はるかに大きかったのはコールセンターの仕事を続け頭が死んでいく不安ですよ。

25歳の私はすでに結婚をしており、今すぐにでは無いにしろ、いずれ子供を持ちたいと考えていました。

もしそうなった時、運よく育休が取れても、その後自分の体調や子育ての調子によっては、会社を退職しなければいけない可能性も出て来るじゃないですか?

女性が働きやすい時代になったとはいえ、まだまだ不十分だと感じる女性も多いのではないでしょうか?

一度正社員を辞めてしまったら、もう一度復帰するのは至難の業。

もし転職をせずに今の会社に居続けたのならば、私はスキルが何もない人間になってしまう。

何も得ないままオバあちゃんになるのは、毛頭御免です!!

ポートフォリオがないため心を折りながら連日作成

理想と現実のギャップに遭遇したのは、求人を探し始めたころでした。

マイナビ転職やエンジャパンの大手求人サイトに載っているWEBデザイナー求人は、圧倒的に3年以上の実務経験者向け!

未経験の私にはそもそも応募できる求人がほとんど無い点に、まず苦労しましたね。

また、求人応募の際には、ポートフォリオ、今までに作成したWEBデザイン等をまとめた作品集を提出しなければならず、その作品集づくりを終業後に行わなければならず、とにかく大変でしたね。

眠い、眠い、毎日そう唸りながらポートフォリオを作り続ける私。

WEBデザイナーへの転職がこんなに大変だなんてと、途中何度も心が折れかけたことか。

そんな時はコールセンターの仕事を続けることで頭が死に、数年後、何もスキルのない自分が残ることへの恐怖を思い出しました。

そんなこんなで、様々な苦労をした後、やっと面接に漕ぎつけることができた会社が1社ありました。

その会社は履歴書が通ってから、ポートフォリオ持参のごく一般的な会社でした。

面接の際、初めて私のポートフォリオを担当者の方に見せたのですが、担当者の表情はなんとなく煮え切らないご様子。

その後の面接もなんだか上手くいかず、結果はやはり不採用。

やっぱりね。と思いながらも、もっとああしていれば、こうしていればと後悔の念が頭をグルグルと回り始めます。

大手転職サイトを使っての転職はその後もなかなか上手くいかず、その後はヒューマンアカデミーに来る求人をメインに、方向転換するしかありません。

ヒューマンアカデミーの求人のほとんどは学生向け求人なので、ほとんどが未経験OKの案件ばかり。

私は、結局ヒューマンアカデミーの求人で、あっさりと今の会社への転職が決まりました。

最初からこっちをメインにすれば良かったと思いましたよ。

育児中も在宅できるWEBデザイナーになれて正解

未経験でWEBデザイナーへ転職して良かった点は、専門的な技術を身に付けることが出来たこと。

自分で作った作品をインターネットを通じ、世界中の人が見ることが出来るんですよ?

これって凄く嬉しいことじゃないですか!

それが私にとって一番のやりがいになりました。

これはコールセンターをやっていたら絶対味わうことが出来なかったやりがいだと断言できます!

それに万が一、子供のことで仕事を辞めなければならなくなっても、WEBデザイナーなら次の就職先も比較的簡単に見つかるハズですよね?

だから、私はWEBデザイナーに転職して本当に良かったと思っているところです。

ただ、失敗した点が無かったわけではありません。

ちょっと年収が下がってしまったんですよね。

コールセンター時代に勤めていた会社は、仕事内容が良くありませんでしたが、大手の上場企業で、福利厚生も手厚く、ボーナスが出ない時なんてありません。

しかし今の会社は非上場企業ですし、業績によってはボーナスが出ない時があります。

そういった面では将来性がちょっと心配だと感じる時がありますが幸い、夫は私よりしっかりした企業に勤めているので、家計に大きく響く事がなかったのが幸いでした。

けれど、総合的に考えるとやりがいを感じる仕事が出来ているので、今の会社に転職したことは後悔していません。

もちろん育休明けも今の会社で、WEBデザイナーを自分らしく続けていくつもりです。

暇すぎるコールセンター勤務の女性が挑んだ転職

最後に要点を纏めておきますので参考にしてください。

  • ・電話もかかってこないコールセンターで狂うほど暇な毎日
    ・前から夢見ていたWEBデザイナーになるため専門学校に編入
    ・ポートフォリオがないため終業後に作品を作る毎日が続いた
    ・育児中でも在宅で仕事ができるWEBデザイナーになって良かった

前から夢見ていた職業に就くため、専門学校に編入してしまう行動力は見上げたものですよね?

若さゆえの行動力といったところでしょう。

夢は1日でも早いうちに叶えた方がイイ。

皆さんも諦めず頑張ってみてください。新しい未来がきっと切り開けますよ。

最新情報をチェックしよう!