夢を追い転職!未経験でもライターになれた理由は柔軟性とプレゼン力

20代で転職を繰り返したのち理想の職場に出会えた

こんにちは。都内でライターとして働いている嫁島と申します。

一度は都会での暮らしを経験してみたいと上京してから今年で早3年。

懲りずに転職を繰り返した結果、ようやく理想の職場に就職し前からやりたかったことを仕事にできる幸せをかみしめる毎日を送っています。

私が勤めている会社は26歳の時に転職した職場です。

「わざわざ東京に来たんだから、本当に自分がやりたいことを仕事にしたい!」気持ちが強まったことがそもそもの動機。

ひとつ前の仕事は事務職で淡々とした仕事でつまらなかったですね。

でも私は、自分にしかできない仕事をやってみたく模索するようになっていきました。

事務職に就いた時はいわゆる転職エージェントを使用し、キャリアコンサルタントとマンツーマンでお仕事を探しました。

でも、今回の転職は、転職サイトを唯一の手段として活用しました。

というのも前回で転職エージェントを使った時、プロを目の前にすると「こんなこと言ったら高望みって思われるかな」「やりたい仕事はスキルが足りないって紹介してもらえないかも」と弱気になってしまい、どうしても正直に自分の希望を伝えることができなかったんですよね。

文章を書くことが大好きな私は、ライターやメディアにかかわる仕事に就きたいと考えてたものの、もちろんこれらの職種は人気が高くて募集している会社も少ないので、どこも倍率が高いことは重々承知していました。

しかも私にはライターとしての経験がなく、「分不相応で高望み」「だけど挑戦したい」と随分悩んだんですよね。

だから私は、他の人の意見に左右されず淡々と仕事を探せる転職サイトだけで活動したんです。

とくにランチ面接など気軽に顔を合わせる機会や、採用担当のフットワークが軽いベンチャー企業の登録が多いキャリトレをよく利用しました。

実際に面接してもらい、どんどん自分をアピールできる方が勝算がある思惑があったからです。

内定が出ず条件が良くない会社を選びそうになった

未経験からライターになるのは過酷な転職活動になると分かっていたので、「仕事が見つからなかったらどうしよう」って不安は常に付きまとってましたね。

貯金が十分にある状態で仕事を続けながら転職活動に着手するのであれば、もう少し気持ちも楽だったのかもしれません。

しかし、当時の私は無謀にも貯金ほぼ0円かつ勤めていた会社にも近々退職する旨を伝え済みな状況。

数か月無職でも安心できる額を貯金するためだけに、無駄な時間を勤め続けることが我慢できなかったんですよね。

加えて、面接に行くにも仕事が終わってからでは対応してくれる企業が少なく、有給休暇を取らなければいけません。

そうすると周りからも「仕事辞めるんじゃない?」って怪しまれ肩身が狭かったし、必然的に逃げ場のない状態で転職活動をすることになったわけです。

退職日を過ぎても転職先が決まらなかった時のことを考えると、怖くて眠れなくて泣いてしまうこともありました。

既にに採用通知をもらっているものの、雇用条件が良いとは言えない職場に就職を決めてしまおうかと何度も思いつめてましたね。

その度に、何のためにこんなしんどい転職活動をしてるんだ!本当にやりたい仕事を見つけるためだろ!と自分を叱りつけていました。

場数を踏んで気付いたことは転職ノートにメモした

未経験の職種を希望するにあたって、適したスキルや経験をほとんど持たない自分をどのようにアピールすればいいのか、工夫することがとにかく大変でしたね。

何社も面接を受けては落とされながら、どうやって自分をアピールすればいいのかを常に模索し続けるしかありません。

いろんなアプローチで数々の面接をこなしながら気づいた大切なことは、転職ノートにメモしまくりましたね。

熱意とやる気をアピールして採用通知をくれる会社は、雇用条件が過酷なところがほとんど。

現実って甘くはないですよね?

根性しか取り柄のない人間を雇う職場は、それなりの理由が見え隠れしています。

必死の転職活動中には見えなくなりがちなので、そこは本当に気を付けてください。

会社を判断するためにも、自分のポテンシャルをきちんとアピールしたうえで、採用してもらうことが大切だと私は思い知らされましたね。

でも結局、転職中にこれだ!と思うアピール方法を見つけることはとうとう叶いませんでした。

豊富ではない経験を希望のライターに結び付けようとすると、やっぱりこじつけ感が出るんです。

「私は何を言っているんだろう…」って気の迷いが、明らかに面接官に伝わるのもわかるんですよね。

打開策が見つかったのは結局、今の職場の面接を受けた時でした。

それまで、ライター=文章を書く人ってイメージに固執して、自分の文章力をなけなしの経験とこじつけてアピールしていました。

でも採用担当の方と話しているうちに、強いライターって実際には編集長からのダメ出しを受け入れる柔軟性や自分の意見もきちんと伝えるプレゼン力、読者の求めている記事はどんなものかを正しく把握するリサーチ力など、色んな能力が求められていることに気づきました。

入念に情報取集したお陰で条件の良い会社に入れた

ライターに転職して何より良かったのは、ずっと憧れていた仕事に就けたことです。

好きだけで勤まるものではないんですけど、毎日の業務をこなしながら「こんな仕事誰にだってできるのに」「本当はこんな仕事がしたいんじゃない」不満が常に付きまとっていた時に比べれば、ずっと前向きに仕事と向き合えるようになりました。

もうひとつよかったのは、職場環境のいい会社に就職できたので働くことによる心身のストレスが大幅に減ったこと。

ライターは何となく過酷な職業的な印象がありました。

ですから、やりたい仕事に就いたのに労働環境が過酷すぎて耐えられなかったことにならないよう、会社の雰囲気や福利厚生、労働体制などを事前にしっかり調べ上げたことは、自分を褒めてあげたいですね。

フレックスタイム制なので、朝が苦手な私でも昼過ぎから働くことができるので、ぼーっとした頭で無理に身だしなみを整えてダッシュで駅に向かい、朝の満員電車で体調を崩すことがなくなりました。

資格取得補助もあるので、記事執筆に役立つ資格を取るためなら受験費もテキスト代も負担してもらえるうえ、会社が取得を推奨している資格を取ると報奨金までもらえるので、頑張って働けば働くほど、自分の市場価値が上がっていく感じがして、やりがいがあります。

ベンチャー企業なので将来性にや不安がありますが、もしこの会社にいられなくなっても、培ったスキルで前の転職活動の時より仕事も探しやすい安心感があります。

未経験でもライターになれた理由は柔軟性まとめ

最後に要点を纏めておきますので、参考にしてください。




最新情報をチェックしよう!